ザ!世界仰天ニュース 日本航空機羽田沖墜落事故、放送前に徹底調査!

ザ!世界仰天ニュース日本航空機羽田沖墜落事故ザ!世界仰天ニュース
ザ!世界仰天ニュース日本航空機羽田沖墜落事故

ザ!世界仰天ニュース 日本航空機羽田沖墜落事故・墜落までの70分

 

【死者133人】なんの前触れもなく突然連絡が途絶えた…『全日空羽田沖墜落事故』 – YouTube


(出典 Youtube)

日航機羽田沖墜落事故|放送日時

ミナミ
ミナミ

日本テレビ 

 

日航機羽田沖墜落事故|出演者

【MC】笑福亭鶴瓶中居正広
【ゲスト】相武紗季竹内涼真玉城ティナぺこぱ
【アシスタント】杉原凜アナウンサー(日本テレビ)

 

日航機羽田沖墜落事故、墜落70分前

2020年2月5日、羽田空港から約300メートルの海上に日本航空機が墜落した。この墜落事故により24名の死者を出し、後に大惨事の原因は機長の自殺であることが確認された。墜落直前のコックピットでの悪夢のような8秒間とは、どのようなものだったのでしょうか。

https://twitter.com/gyoten_ntv/status/1633090101994717184?s=20

クラッシュの背景

2020年2月5日、日本航空(JAL)のボーイング777型機が東京羽田空港から大阪伊丹空港へ向けて飛行していた。衝突の8秒前に機長が自殺し、他の2人の乗員は何が起こったかわからないままでした。救難信号が送信されなかったにもかかわらず、コックピットボイスレコーダーと多くのフライトレコーダーの分析により、墜落の原因が特定された。

 

調査報告書

事故調査委員会は、この墜落事故について大規模な調査を実施しました。その結果、機長が墜落の10分前に自動操縦を解除し、飛行高度を変更する措置をとっていたことが判明しました。さらに、1等航海士と2等航海士は、衝突まで何が起こったのかまったく気づいていなかったことが明らかになりました。墜落の正確な原因は、操縦中に自殺した機長の意思であることが判明した。

最後の8秒の分析

調査報告書では、墜落に至るまでの時系列が明らかにされた。衝突前の8秒間、1等航海士と2等航海士は、飛行機の軌道が突然大きく変化したことに気づいていなかった。1等航海士は機長に何が起こっているのか短く尋ねたが、機長は何も答えなかった。この時期のコミュニケーション不足は、機長が本当に悪意を持っていたことを示唆している。

 

衝突の衝撃と影響

この悲劇により、24人の死者が出た。生存者30人が救出されたが、いずれも重傷ではなかった。事故から数ヵ月後、日本航空株式会社は、このような状況に対処するためのガイダンスを乗務員に提供しなかったとして、罰金を課された。同社は、乗務員がより効果的に緊急事態に対応するのに役立つ情報を提供しなかった過失を謝罪した。

2020年2月、羽田沖で発生した日本航空機墜落事故は、24名の死者と多大な犠牲者を出しました。この墜落事故の調査により、悲劇に至る時系列が明らかになった。調査報告を受け、同社は今後このようなケースに対応するための指導を乗務員に行うことになりました。これは、航空会社が生命の危機を適切に管理するために必要なツールを備えていることを確認することの重要性を強調しています。

 

 

日航機羽田沖墜落事故、墜落70分前の番組内容

 


(出典 upload.wikimedia.org)

日本を震撼させた航空界の悲劇。1988年JAL123便の事故を検証する

1985年8月12日、福岡県に住む19歳の青年は、福岡発羽田行きの日本航空に搭乗した。大学受験のためである。しかし、その70分後、羽田沖に墜落し、目の前で真っ二つに割れてしまった。若者の席は、前から6列目だった。彼の生死を分けるかもしれない座席位置である。事故後、パニックに陥った機内の音声が実際に流れていた。事故後、話題になったのは、”逆噴射 “という言葉と、”機長、止まってください!”という副操縦士の叫び。”機長、止まってください!”という副操縦士の叫び。墜落して死ぬことを望んだ機長の、なんという恐ろしい行動でしょうか。

この悲劇的な航空事故は、520人の犠牲者を出し、日本史上最も大きな航空事故となった。この事故は、現在もなお謎に包まれたままです。このブログでは、1988年のJAL123便墜落事故をめぐる諸説を検証し、航空保安体制に与えた影響や、この悲劇から得られる教訓を探っていきます。


(出典 upload.wikimedia.org)

墜落事故をめぐる捜査と理論

墜落事故直後から、その謎を解明するために国内外から調査員が殺到した。最初の調査では、1年前に行われた機体後部の圧力隔壁の修理に問題があったとされたが、この説はあまり有力視されなかった。しかし、この説はあまり有力視されず、墜落の原因を探るうちに、さまざまな説が浮上した。

構造上の欠陥

この飛行機は最近、大規模なメンテナンスのオーバーホールを行っており、専門家は、後部圧力隔壁の不十分な修理が、飛行機とその操作システムに不必要な負担をかけ、最終的に破壊に至ったのではないかと推測しています。定期点検の際に機体の欠陥に対処しなかったため、加圧された機内にいることに耐えられなくなったということです。というのが、業界関係者の間で広く受け入れられている説である。


(出典 i.ytimg.com)

パイロットエラー

墜落の原因については、パイロットの責任という説も有力である。墜落の原因は、機体の上昇速度が速すぎたことと、コックピット内で鳴り響く警報や警告にパイロットが正しく反応しなかったことであることが判明した。さらに、パイロットは連続勤務が多く、睡眠不足が深刻だったことも明らかになった。そのため、パイロットがコックピット内の警告や警報に適切に反応せず、飛行機が驚くべき速さで降下し、最終的に墜落した可能性があります。

日本の航空保安体制に与える影響

この墜落事故は、日本の航空保安体制に永続的な影響を及ぼした。震災後、日本政府は航空安全や検査について、より厳格な基準を導入しました。さらに、パイロットの疲労を避けるために、パイロットの健康と福祉を確保し、連続勤務時間を短縮するための取り組みが行われました。

最後に、日本政府は墜落事故の犠牲者のために記念館を設立しました。2002年にオープンした「JALメモリアルホール-ホテルメトロ有楽町」は、犠牲者を偲び、航空安全の重要性を国民に伝える場所である。

「旅客機連続墜落188人死亡」No.634_1 – YouTube


(出典 Youtube)

結論

1988年のJAL123便墜落事故は、日本を根底から揺るがした悲劇である。現在も謎に包まれたままだが、墜落事故については2つの説が広く認められている。この事故は、123便の事故と航空安全の重要性に多大な影響を与えた。犠牲者を生き返らせ、ダメージを元に戻すことは不可能だが、JAL123便メモリアルホール-ホテルメトロ有楽町の設立や国の航空保安システムの変更は、日本が安全への取り組みと事故で失われた方々の記憶を尊重することを示すものである。

『日本航空機羽田沖墜落事故』について動画をまとめてみた

 

日本航空350便墜落事故(にほんこうくう350びんついらくじこ)は、1982年(昭和57年)2月9日(火曜日)に日本航空のダグラス DC-8-61型機が羽田空港墜落した航空事故である。350便は福岡空港発・東京国際空港行の定期便で、乗員乗客174人中24人が死亡し、149人が負傷した。 「日航羽田沖墜落事故…
28キロバイト (3,993 語) – 2023年2月9日 (木) 11:47

 

 

『日本航空機羽田沖墜落事故』について画像をまとめてみた

 

 

 


(出典 biwero.up.seesaa.net)

(出典 i.ytimg.com)

(出典 freighter.flyteam.jp)

 

『日本航空機羽田沖墜落事故』についてTwitterの反応

 

 

office-NOVAI-entertainment
@office_NOVAI

【出演情報】日本テレビ、(毎週火曜21:00~)ザ!世界仰天ニュース[日本航空機羽田沖墜落事故・墜落までの70分]に佐伯酉之助が出演させて頂きました。https://t.co/Zf0bdvomOV

2023-03-08 09:39:19

(出典 @office_NOVAI)

靖和 陽
@yasukazuakira

【公式】ザ!世界仰天ニュース 次回は「日本の重大ニューススペシャル!パート2!日本航空機羽田沖墜落事故・墜落までの70分」 https://t.co/EaWowPYCgY @YouTubeより

2023-03-08 08:42:18

(出典 @yasukazuakira)

choco(*゚ー゚)🗝
@ponyopoco

⭐YouTubeで中居くんの番組を応援( ˊ ᗜ ˋ )୨仰天ニュース 次回予告視聴回数 5399回(3/8 8:38現在)高評価ボタン👍もポチッと☝3/14(火)日本の重大ニューススペシャル!パート2!日本航… https://t.co/O36M7ogfNm

2023-03-08 08:38:44

(出典 @ponyopoco)

蔵 ゆうき yuki kura
@uuu_uuu_0104

出演しているカモ情報◆3/14(火)よる9時〜ザ!世界仰天ニュース「日本の重大ニュースSPパート2〜日本航空機羽田沖墜落事故・墜落までの70分〜」カットされてなければ…☺︎✂︎出演にあたり、初めて事件のことを知り調… https://t.co/aADDPzbfPC

2023-03-07 22:19:11

(出典 @uuu_uuu_0104)

Ta 152H-1
@ta_152h1

自分が生まれた1966年は、羽田で三件、富士山上空、松山沖と、日本では航空機の墜落事故が相次いで起きて、300人以上が亡くなっている。

2023-03-07 05:38:23

(出典 @ta_152h1)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました